地上波のテレビ番組、デジタル放送がラジオで聴ける

デジタル化したテレビ番組が聞けるラジオが相次ぎ登場しています。携帯端末向けの地上デジタル放送「ワンセグ」が受信でき、ニュースやスポーツ中継、語学講座などのテレビ音声をアナログ放送時代と同様にテレビで聞くことができるというもの。

 

仕事中や家事をしながら聞きたいという自営業者、家事や育児をしながらの主婦、テレビ音声を楽しみたい高齢者層に受けているのだとか。

 

テレビがアナログ放送から地上でデジタル放送に移行してから、AMやFM放送やテレビのアナログ放送が受信できていた従来のラジオでは、テレビ音声を聞くことができなくなっていました。従来のラジオ放送を楽しみにしていた方たちは、さみしい思いをしていたはずです。そんな事情から、ワンセグ対応のラジオが開発されたのです。

 

機械にくわしくなくても大丈夫

高齢者向けラジオ

テレビが聞けるラジオの開発には、メインユーザーである高齢者への配慮が徹底されているようです。

 

AM、FM、ワンセグテレビ音声に対応し、大きくて指で押しやすい操作ボタンを機器の上面に配置し、「テレビ音声」「AM」なども文字もついている。背面のコードの接続方法や電池の入れ方も、文字やイラストでわかりやすく丁寧に記載されています。

 

機械にくわしくない人でも簡単に使える配慮がなされています。取り扱い説明書が苦手な女性や高齢者にはうれしい設計。耳が遠くなった人のために、リビングなどに設置されたテレビに接続コードをつなげば「手元スピーカー」としてテレビ音声がすぐ近くで聞ける機能も高齢者には便利です。

オシャレで機能的、主婦層にも大人気!ソニー XDR-56TV

SONY XDR-56TV

ソニーが販売しているのが「SONY XDR-56TV」というラジオです。AM、FM、ワンセグテレビ音声に対応、シンプルなデザイン。ラジオ放送、テレビ音声の双方でノイズが生じないように部品の選定や設計に工夫を凝らしています。音質を最良にしながら使いやすさにも配慮したということですね。

 

また、住んでいる都道府県などの地域を選ぶだけで、その地域の放送局が自動で登録される。消し忘れを防止し自動的に電源が切れるタイマー、暗闇でも見やすいバックライト付きの液晶ディスプレイも。

 

寝室で寝ながテレビの音声を聞くこともできるし、AC電源がない場所では乾電池(単3形)でも稼働。TV音声は約27時間、FM・AMラジオは約50時間連続で駆動します。どこでもどこでも持ち運んでラジオ・テレビが楽しめる優れものです。

機能 ラジオ放送局ノ受信性能は高く、ワンセグ受信も難聴地域でなければ問題なく聞ける。選んだ局を自動登録するエラコールや切り忘れ防止のおやすみタイマーなど機能に問題なし。
使い勝手 上部右側に電源ボタン、側面に音量調節ダイヤルといった配置が非常によく、操作方法もわかりやすいスピーディー。ワンセグ、FM,AMともに選局後のレスポンスも良好。
デザイン価格 質感がよく高級感のあるデザインでカラーも2色。年齢を問わずシンプルなデザインでラジオに必要な基本をしっかり押さえて好感が持てる。
カラー・色 ボディーカラー:黒(XDR-56TV B)、白(XDR-56TV W)があり。
仕様 幅約18x奥行4.9x高さ9.5センチ。重さ862グラム。単三乾電池4本。
付属のアンテナを使うと、建物の中での受信状態も改善できる。
詳細・購入は ソニー ワンセグTV音声/FMステレオ/AMラジオ ブラック XDR-55TV/B
¥13,440(2019年1月現在)
こちらのアマゾンのサイトで安く購入できます。

信頼のソニー(SONY)ブランドということもあり、アマゾンなどネット通販でも非常によく売れている機種と評価されています。

 

旧のタイプ(XDR-56TV)もありますが、液晶画面が大きくより見やすくなっています。電池駆動時間も改善され、XDR-56TVはより便利になってます。

シニア向けの商品ならツインバード工業AV-J127S

ツインバード AV-J127S


よりシニア向けの製品としては、「ツインバード工業 AV-J127S」という機種がおすすめ。あまり聞き慣れないメーカーですが、大手家電メーカーとは一線を画したアイデア製品などで実績のある会社です。家電量販店やホームセンターでも、実はよく見かけているはずです。

 

ツインバードのテレビ対応ラジオは本体のデザインがとても特徴的。四角い形のかわいらしいデザイン。操作盤やボタンが大きいため、説明書を読まなくても、なんとなく取り扱いの仕方がわかります。機械が苦手な方、ご高齢の方、目の見えづらい方でも楽に操作できるでしょう。

 

機能 大きな操作ボタンや液晶ディスプレイなどシニア向けによく考えた機能で音質も不快感はない。テレビの音量を聞きやすくする手元スピーカーとして使えるのが最大の利点。
使い勝手 大きめの取り扱い書が図解付きでとてもわかりやすい。本体上部の「電池切れ」「受信不可」ランプも親切。
デザイン価格 箱型で洗練されいるとは言い難いが、高齢者に的を絞った点を考えると安定感があってよい。ラジオの放送局をあらかじめ設定するプリセット機能がないのがちょっと不満。
カラー・色 ボディーカラー:白(ホワイト)
仕様 幅約25x奥行19x高さ15センチ。重さ1.1キログラム。単三乾電池4本。
付属のアンテナを使うと、建物の中での受信状態も改善できる。
詳細・購入は ツインバード ラジオ AV-J127S
8,550円(2019年1月現在)

こちらのアマゾンのサイトで購入できます。

類似機種・前タイプ ツインバード AV-J135G(\12,800)ツインバード AV-J125W(\10,010)

携帯しながら楽しむコンパクト型ラジオ ソニー XDR-64TV

sony XDR-64TV

外出先でもワンセグのテレビ音声が聞ける携帯型のコンパクトラジオをお探しなら、「ソニー XDR-64TV」が良いでしょう。

 

衣服のポケットに収まるコンパクト設計で、とても軽く持っていることを忘れるくらい。外出時にも邪魔になりません。書斎や寝室など生活のさまざまな場面で活用できるほか、毎朝のジョキングや愛犬の散歩、お買い物など気軽に携帯できる点が便利ですね。

 

機能 薄さ17mm・重さ94gと小さいて扱いやすい。それでも受信感度はFM・AM・テレビとも良好。電車やバスの中でもOK(もちろん環境によるが)。大型液晶で見やすく、ライト付きだから暗いときでも見える。
使い勝手 ボタンが上部にあるので、ポッケから出さずに選局ボタンが押せる。防水機能はないので洗面やトイレでかがんだ時に落とさないよう注意!
デザイン価格 ソニーらしいオシャレなデザイン。ワンセグ用アンテナは内蔵なのでスッキリしている。
カラー・色 色はブラック(黒)のみ。
仕様 幅5.5x奥行1.7mmx高さ10.7センチ重さ94gと非常にコンパクト。単4乾電池2本。電池持続時間33時間(AM受信で)。
詳細・購入は SONY ポケットラジオ XDR-64TV
12,380円(2019年1月現在)

こちらのアマゾンのサイトで購入できます。

類似機種・前タイプ SONY ポケットラジオ XDR-63TV(\11,729)

更新履歴
TOPへ